飲食店に合う木製看板とは?店舗種別に解説!

カフェ先の木製看板

『カフェなどにオススメな木製看板』

木製看板を使う職種の代表的なものがカフェではないでしょうか。
店頭においてある木製看板でそのカフェの雰囲気や店主の人柄や、またどういった系統のカフェなのかがわかると言っても過言ではないくらい、それぞれのカフェが個性的に、そしておしゃれに木製看板を使用しています。
カフェに合った木製看板といえばA型看板ではないでしょうか。
道行く人がどちらの方向から来ても店のおすすめのメニューや、どういったものを提供するのかを見ることができます。
最近ではオーガニックコーヒーや自然食を扱っているカフェもありますし、また最近人気のスムージーを提供しているところもあります。
パンケーキ屋デザート系がおすすめならかわいいイラストや写真とともに、一押しのメニューを木製看板に書くことで、歩行者の目に留まるでしょう。
自分でデザインをシたり、イラストが苦手な人にとって、同じA型看板でもカラー黒板だと、白いチョークでメニューを書くだけで素敵な印象を与えることが出来ます。
カラー黒板もいくつか色のオプションがあるので、カフェの内装の色に合わせた木製黒板を選ぶことができるでしょう。
木製看板が華やかだと、カフェの印象も良くなるでしょう。
それ以外にもデコレーションシールなどを使用することで、簡単にデザインを変えたり、季節の行事に合わせてデコレーションすることも出来ます。

『美容院にオススメな木製看板』

カフェとは違い対象年齢が幅広い美容院は店の雰囲気を伝えるために、木製看板を使用することができます。
例えばキッズカットや子供、学生向けに料金メニューが有るのであれば、カラフルな感じの木製看板を選ぶと注目を集めることができるでしょう。
子供中にはカットしに美容院に行くことを嫌がる子もいます。
少しでも美容院が楽しい場所だと思ってもらうためにも、子供向けの美容院はかわいらしいスマイルフェイスの木製看板を選ぶこともできるでしょう。
店先にキュートな看板があることで子供の気持ちも晴れやかになります。
また、美容院の料金メニューをちゃんとみてもらうために、できるだけ多くの情報を書きたいと思うなら大型のA型マーカーボードがいいでしょう。
レストランやカフェとは違い、美容院を見る人は料金やカットコースなどをしっかり見たいという人が多いので、文字が多くても足を止めて見てくれる可能性が高いのです。
大型の木製看板だとカットやパーマ料金以外にもその日その日のメッセージを書いたり、おすすめのキャンペーンなども記入することができ、店のおすすめコースを言ってもらうきっかけになります。
手書きにすることでメッセージ性が強くなり、温かみや親しみを感じやすくなります。
美容院に大事なのは常連さんになってもらうこと、そして新規のお客さんにたくさん来てもらうことの両方に気をつけることが大事になってきます。
イメージをしっかり伝えることのできる木製看板は、魅力を引き立てる大切なアイテムになるでしょう。

美容院、ネイルサロン向けかわいい看板

『ネイルサロンにオススメな木製看板』

ネイルサロンに来るお客さんの殆どは美意識の高い人ではないでしょうか。
最近では女性だけではなく男性もネイルのケアをする人もいるくらい多くの人が「キレイでいたい」「オシャレでいたい」という思いを持っています。
そういった人は店舗の内装だけではなく、店先にある看板にも細かい注意を払っているものです。
ネイルサロンで使用する木製看板は他の店舗よりもデザイン性が溢れ、オシャレであることを強調する必要があります。
木製看板の雰囲気一つでお店のコンセプトやネイルデザインの傾向を反映させたものと考えると、どんなデザインも自分ですることができるシンプルなデザインをあえて選び、どんなネイルを得意としているかに合わせて個性的なものにすることができます。
おしゃれな雰囲気を出したいのであれば、黒板や、ダークブラウンの黒板タイプのA型看板を選ぶことができますし、ポップなネイルを得意としているのであれば、カラーの木製看板もオススメできます。

PAGE TOP